お問合せ


      FAX回収依頼書

PCB混入防止!廃油のPCB分析は業界最速エバークリーン株式会社  |  PCB分析について

PCB分析

PCB濃度分析

PCBは電気機器用の絶縁油、各種工業における加熱並びに冷却用の熱媒体及び感圧複写紙など、
様々な用途に利用されておりましたが、現在は新たな製造が禁止されています。

>>業界最速分析!<<
>>最短3時間での確実判定!!<<

   

PCB分析の必要性

微量PCB混入の恐れがあります

微量PCBについては、当社での回収時に通常の廃油への混入が判明した例もございます。
平成14年になってPCBを意図的には使用していない電気機器にも、非意図的な原因により微量のPCBが
混入している可能性があることが明らかになりました。
変圧器などの電気機器の使用を終え廃棄する際、PCB混入の可能性が完全に否定できないと判断される場合には、速やかに絶縁油中のPCB濃度を測定し、PCB廃棄物に該当するか否かについて確認する必要があります。

>>PCB混入が大きな事業リスクに!<<


   

PCB廃棄物を保管する事業者に課せられる規制

保管及び処分の状況の届け出

PCB廃棄物を保管している事業者は、毎年度、そのPCB廃棄物の保管及び処分の状況に関して都道府県知事に届け出なければなりません。なお、都道府県知事は、毎年度、事業者から提出された上記保管等の届出書について、PCB廃棄物の保管及び処分の状況を一般に公表することとなっています。

届出を行わなかった者、また、虚偽の届出をした者は6ヶ月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処されます。


なお、東京都では、PCBの分析や処理に補助金が設けられています。

⇒⇒微量PCB助成金について
(分析費用の一部負担、不検出の場合も支給されます)

期間内の処分

事業者は、平成24年12月のPCB特別措置法施行令の一部改正により、平成39年3月31日までにPCB廃棄物を自ら処分するか、若しくは処分を他人に委託しなければなりません。
なお、環境大臣又は都道府県知事は、事業者が上記期間内の処分に違反した場合には、その事業者に対し、期限を定めて、PCB廃棄物の処分など必要な措置を講ずべき事を命ずる事ができます。

この改善命令に違反すると、3年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金に処され、
またはこれを併科されます。

譲渡及び譲り受けの制限

何人も、PCB廃棄物を譲り渡し、又は譲り受けてはいけません。

これに違反すると、3年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金に処され、またこれを併科されます。

相続、合併等による継承について

事業者について相続、合併又は分割があった時には、相続人、合併後存続する法人は、その事業者の地位を継承するものとされています。事業者の地位を継承した者は、その継承があった日から30日以内に、その旨を都道府県知事に届け出る事になっています。

届出を行わなかった者、また虚偽の届出をした者は30万円以下の罰金に処されます。

PCB分析の流れ

STEP1 お問合せ(ご相談)

STEP1お問合せ(ご相談)

まずは、お気軽にお申し付けください。
お電話・FAX・Eメールから受け付けております。

STEP2 お見積り作成

STEP2お見積り作成

お問合せ頂いた内容をもとに、適切なお見積りを作成いたします。


>>業界最速分析!最短3時間での確実判定!!<<
>>(20,000円/検体)<< 


   

STEP3 ご依頼

STEP3ご依頼

お見積りの内容にご承諾頂けましたら、ご依頼をお願いいたします。
(ご依頼手続きが必要となります)

STEP4 測定・分析

STEP4測定・分析

最新機器と経験豊富なスタッフが、信頼性の高い測定・分析を
行います。

STEP5 ご報告

STEP5ご報告

測定・分析結果をまとめて報告書を作成・ご提出いたします。
内容につきましては、お気軽にお問い合わせください。

PCBが検出された場合のサンプルについては、分析後、
法令の定めに従いご返却させて頂きます。

0120-381-995お問合せ
(C)Copyright ever clean. All rights reserved.